プロジェクト

6 注釈

このサイトは私の時間を旅することを目指してい ニューヨーク, from the late 80’s up to today.

私がいたとき、私はすでに旅行賞のためにニューヨークに行った 17, しかし、私はほんの少し他のマンハッタンを見て、.

私は本当の見たのは初めて ニューヨーク市, 離れて5番街のショッピングから, ブロードウェイの劇場や観光客が頻繁に混雑した街, 来年だったと私は、この街に魅了し、魅了されました.

私はこの旅行カルロMedoriに会っていなかった場合は、すべてこれは不可能だったでしょう, 私は私の市の真の本質を示すためのすべての私の感謝を借りて誰に. 彼はmuralesに鋭いと、いくつかの、旅の通り、生命の完全な四半期で私に感染した. 私たちの友情は、時間の経過とともに強化していると私がニューヨークに来ると私は彼を見て、彼はCityで何が起こっているのかに私を更新できるようにするための機会を失うことはありません, 主に当, 文化や政治の分野.

それ以来、私に戻り始めた ニューヨーク 少なくとも年に一度, muralesを撮影する, 一定の進化のこの町を見てする.

ただ非常に異なる地域で自分自身を見つけるために、マンハッタンから少し移動, あなたは匂いを呼吸できる場所, 世界中から来るの味, 一つの大きなコミュニティに住む異なる文化の多くの小さな小宇宙があったかのように.

カメラを搭載した, スニーカーと冒険心のピンチ, 私は毎日マイルとマイルを歩いた, 地域を見て, 街, 人々, 顔やいくつかの点で象徴的だった塗りの壁, 私に振動を与えることができる, 両方の正または負の方法で、.

旅行の年は私に多くの満足を与えている, でも、個人的なレベルで; 11 年前、私は約さらさ 40 ミラノの私の個展での写真, イタリア, 私は私の夫に会った場所!

彼は私の旅で私をフォローしているし、彼はその全体が、サイトの構築において特に価値の援助である; 私は彼が毎晩、その中に入れ努力のために彼に感謝しなければならない, 仕事で長い一日の後に.

何が出てきて、このサイトに表示されていることは、この多面的な街の迷路を私の個人的な旅です, muralesを通して語ら, 真の芸術である.

モットー “落書きは芸術である, ていない犯罪!” を通じて、適切なを介して行われ.

壁画 “話をする”, 命を持っている, 時々短い, 時には長い, 彼らは文化的に重要である, 社会的、政治的な立場.

Muralesは希望について語る, 恐怖, 緊張, 行為の戦争および完成, 麻薬問題, 行方不明者の記憶を残す, 多かれ少なかれ、有名. 彼らは現実を理解する方法です, 感情や場所にいる混乱を理解する; 私が思うに、このすべてを追跡することは非常に重要です.

長年にわたりmuralesの生活が劇的に変化している, あまりに. 数年前までは、すべての周辺にmuralesに走ったこともできますが, 今すべてがほぼ完全に集中している 5 Pointz, する必要性があったかのように “クローズ” 当, いくつかの壁にそれを閉じ込める. これらの壁は魂を反映しているため、それは残念です, 全国の苦しみと希望.

muralesは有史以前から存在していたことを覚えておいてください, 男性は洞窟の壁に描いたとき, 危険を警告したり、日常生活の物語を伝えるために. 有形のマークを残しておく必要があり、常に存在してきた, それはヒトにおいて先天性である. でも、チリのアウグスト·ピノチェトの独裁政権の間に, 人々は壁にサインを残した, 抑圧と大量殺人から身を守るために隠されたメッセージとして使用 (9月 11, 1973 月へ 11, 1990).

そして今、, 継続する私の20年間の旅に私と一緒に軌道に乗る, メモリが失われることはありませんなぜなら.

私はあなたを愛して, ニューヨーク市!

6 注釈

  • によって トビー 10月 11, 2012 編集

    私はあなたのブログが大好きです。. とても素敵な色 & テーマ.
    あなたがこのウェブサイトを自分でデザインしたのか、あなたはあなたのためにそれを行うために誰かを雇うんでした? Plzを私は自分のブログを構築するために探していますように対応し、uはからこれを得た場所知っていただきたいと思います. 感謝する

返信を残す

NYMサイトを翻訳:

私たちに従ってください:

広告:

最近の写真:

Stickers and tags Inside the SKYHIGH MURALS SKYHIGH MURALS Studio of SKYHIGH MURALS Stickers on a gate Rainbow Matrioskas and a man with gun Sam the glazier